제품 리뷰2012.03.04 19:04

すべてのE-M5のサンプルは、ボディ最終テストバジョではありません撮影したもです。
実際量産品質は、より改善されことがあります。

ひょっとしてボディ一般のテストやってるよなりました。
オリンパスパナソニックきですけどそれでも期限その性能誇張させて作成されまん。ただし、まだ正式ではなく、ジョンであことを考慮する残念は、正式発売まともなレビュ作成いたします。
状況ボディしてくれオリンパス·コリア係者感謝いたします

Google使用われましらかでな、あらかじめ了承いたします。


 これがフラッグシップミロリスダ!

 2012年初めにオリンパスは、新しいミラーレスシリーズを発表しています。その名もOM-D!昔のSLRカメラだったOMシリーズのデジタル版です。実は以前にもオリンパスの高級ミラーレスカメラのうわさは繁茂しました。特に防塵防滴機能においては、前のカメラブランドのレンズ交換式カメラの中で最も優れた性能を持ったEシリーズを保有しているのユーザーは、防塵防滴に対応したミラーレスカメラを待っていました。そんな中でオリンパスはユーザー達の期待を裏切ることなく、ミラーレスのカメラで初めて防塵•防滴機能を備えたフラッグシップミラーレスE-M5を発表しました。

いくつかの重要なスペクマン並べてみました。画素数は1600万画素で、従来に比べ格段に高まりました。
ビューファインダーは内蔵されており、144万画素のビュパインドブエ高性能光学レンズを追加して、視認性を一層高めました。実際のビューファインダーを覗いて見るとのたとえS社の最新製品に比べて画素数は不足だが眼鏡着用状態での視認性は格段にジョトウンピョンです。少しずれても画面が大きく広がり、よく見えないS社製品に比べてE-M5の場合には、一部が隠れても番地は現状ない、クリアな見えています。また、アイセンサー搭載で、より高速な画面切り替えが可能です。


高感度もISO25600まで支援することはもちろん、ノイズ処理も大幅に改善され、ミラーレスのカメラの中で最も優れた性能を示しています。これは、サンプルと一緒に再び話してみます。

シャッタースピードが1/4000秒までであることは少し残念な部分です。フラッグシップであるだけにそれよりは、より高速なシャッタースピードが適用されている場合どうだったかと思います。事実に注目し見ていない部分ですが、フラッシュ同調速度も1/250秒と非常に早い方です。 (一般的に1/160秒程度が普通)ボディ内手ブレ補正機能も強化され、約5段程度の補正ヘジュムはもちろん、世界で初めて5軸補正が可能になって、一般的な手ブレはもちろん、接写などの前後に微妙に揺れる場合も正してくれる画期的なアップグレード行われました。

また、AFロック時の毎秒9連射というマイクロフォーサーズのカメラの中で最も高い講演者力を示しており、(画素数を減らさない範囲内で)AF動作をしながら1秒間に4連写を維持して、それこそ、ミラーレス最強の連射力を持っていると思います。 (AFロックでは、ソニー製品が10連写でちょっと早いけどAF動作の下では著しく低下することを考慮しての話してみました。)


E-M5の最大の特徴の一つは、やはり、業界最高レベルの防塵防滴機能です。トンチャエ近いマグネシウムボディと隅々まで入念に適用されたシーリング処理はほとんど水に直接漬けること以外まあまあ豪雨にはビクともしないタフさが強みです。今のところは、のように発売される12-50mmレンズしかサポートしているレンズがありませんが、やはりシーリング処理されて出てくるフォーサーズアダプターMMF-3を使用すると、既存の優れた画質と信頼性の高い防塵防滴処理された様々なフォーサーズレンズを使用することができます。マグネシウムボディは、単純に、防塵防滴だけでなく、製品の堅牢性にもしっかりと一役しています。オリンパスから直接公開した内部構造写真だけ見ても、その信頼性が期待されます。
ミラーレスで初めて提供されている(正式にメーカーで作成された)追加ハンドグリップと縦グリップ(バッテリーグリップ)も様々な拡張性を示しています。基本的なボディも非常に遵守してグリップ感を示したが追加のグリップを使用して、まるでDSLRのそれと同じレベルのグリップ感を確保することができます。追加グリップたちも確かなシーリング処理で防塵防滴をサポートします。


縦グリップと追加ハンドグリップには、両方のシャッターとダイヤルが付いており、操作性も全く損なわれません。ハンドグリップを装着しても、実際の突き出た程度ではそこそこのパンケーキレンズか装着した厚さと似ているの携帯性も大きく損なわはありません。
背面OLED液晶はチルト方式でローアングルやハイアングルの撮影に非常に有利です。プルレグスィプインだけSony a77のような方法のチルト&スイベル方式やE-5のような旋回でないのはちょっと惜しいです。代わりにハイ&ローアングルで縦位置撮影時利便性を高めるために、4:3ではなく、3:4の割合が入っており、(PL3に最初に適用されます)縦位置でもチルト液晶を積極的に利用することができます。 (この機能は、富士フィルムとオリンパスのみ適用されています)
ホットシュー端子の下部には、シーリング処理されたカバーの内側にAP2端子が隠されていて、既存のペンを使用していたAP端子用アクセサリーを使用できます。もちろんVF2、3度の使用が可能はしますが、通常は、Bluetooth通信PENPAL PP-1を多く使用するようにします。


高級機種にはモードダイヤルと二つのコントロールダイヤルで、より直感的な操作が可能です。もちろん、Pシリーズにも二つのダイヤルがついていたんですが操作性の面で多くの方式があります。
実際には好き嫌いが分かれるところですが、親指と人差し指を使用してLCDやビューファインダーを見ながらその場ですぐ操作が可能な点は確かに切断された感じで、より正確な操作が可能です。特に既存のフィルダイオルチョロムグリプジュン意図しないダイヤル操作等が発生しないという点もとても気に入っている部分です。
コントロールダイヤルが上に上がる事によって、方向キーであったフィルダイオルは消え、方向キーだけが残っています。各スイッチは、シーリング処理がされて少しボタンを押す感じは全く異なります。右サイドには、メモリ挿入口があります。メモリ挿入口も確実なシールが施されている様子が見えます。

バッテリー挿入口はスイッチで確実にロックします。当然シーリング処理を確実にされています。バッテリーは、BLN-1に、既存のバッテリとは全く別の新型を採用しました。ちょっと残念な部分の一つです。バッテリー挿入口の横には、追加のグリップと連動するための端子部のゴム材質の栓も含んでいます。


  ノイズもどこに行った?どこに行った?

E-M5は、mirrorlessカメラの中で最高レベルの高感度低ノイズ性能を示しています。既存の"E-P3"と"パナソニックGX1"などのマイクロフォーサーズの新型カメラが出るたびにノイズ性能は、少しずつ発展してきたが、今回のE-M5は、あまりにも急に上がってしまった性能ではなく困惑するほどです。


高感度性能を確認するために、主なISOごとに撮影して100%クロップして比較してみました。
テスト結果は非常に満足した結果を示しています。特に高感度でも彩度やカラーのバリエーションがほとんどないのが素晴らしいです。既存の製品が通常ISO3200くらいから色が確認よれることを考えれば驚くべき結果です。ノイズ処理はややムンゲヌン式だが、それでも全体的にディテールをよく生かしています。ウェブサイト公開用にはISO6400も非常にすっきりとした結果を示しています。


  優れたDR(ダイナミックレンジ)

 既存のマイクロフォーサーズユーザーの願いは、広いDRでした。実際にはマイクロフォーサーズDRはあまり狭い方はありません。ただ暗部に比べて明部が脆弱だったことだけです。だから、ちょっと使ってみたという方は、軽く暗く撮って補正する方法を使用しました。 E-M5は、発表当時からかなり改良されたDRを話してきたので、その点も確認してみましょう。

実際の結果も非常に満足のいく感じです。既存のPenシリーズに比べて約2ストップ•くらい改善された感じです。また、新しく入ったDR補正機能でハイライトを補正すると、その効果はさらに強力になります。

今回新たに追加された階調拡張機能は、階調やDR補正範囲を画面にカーブを確認し、二つのダイヤルで直接コントロールする機能です。私はブランドをあわせて初めての試みとなるように、特にリアルタイムでその変化を表示してくれるので、非常に直感的で便利な調整が可能です。
下の写真は、第3世代のPenのE-PL3とを直接比較をしてみた結果です。実際に+2 evから、その差が大きく出ています。今はDRが狭いと冗談あう日はなさそうです。
そのほかにも写真を詳らかに見れば、オートホワイトバランス性能も非常に改善された感じです。のような設定にもより鮮やかな色彩を見せてくれています。


  さらに進化したアートフィルター

 オリンパスカメラのアートフィルタは、新型のカメラが出るたびに、一層アップグレードした感じです。今回もよりきめ細かなアートフィルターの操作はもちろん、新たなアートフィルターも追加されました。アートフィルターは、一般的なPASMモードでも色モードのように使用が可能で、従来よりも、その処理速度も一様高速感じです。


  待っていたのと同じカメラ!

 オリンパスE-M5は、まさにMUST HAVE!としたいという思いが自然かかるカメラです。たとえベータ版ですが、色々な面の強力な性能を体験するには不足さがないに見えます。実際の発売日が一月もまだ残っていない今、既存の摩耗を使用寝た、他のミラーレスを使用した方々であれ、新たにミラーレスの入門ハシリョヌン方々皆が焦がれて待つだけのような素敵なカメラになりそうです。

신고
Posted by Mokona(WEIVER)